楽天モバイルは子供名義か親名義どっちがいい?メリット・デメリットを徹底解説

楽天モバイルは 子供名義と親名義 どっちがいい?

2021年4月から 楽天モバイル で新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵラクテン アンリミテッド シックス」がスタートしました。

そろそろ小学生の子供にスマホを持たせようか悩んでいたので、これを機に楽天モバイルで契約をしようと思ったんですが、子供名義でスマホの契約をするか、親名義で契約するか悩んでしまいました。

そこで、どちらの名義で契約した方がいいのか調べてみたので、それぞれのメリット・デメリットを解説しまーす!

楽天モバイルを子供名義で契約する場合

楽天モバイルは今まで2,980円で使い放題の料金プランだったんですが、2021年4月から使ったデータ量に応じて料金が変動する「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」がスタートしました。

プランの詳細は以下の通り。

0G~1G無料
1G~3G1,078円(税込)
3G~20G2,178円(税込)
20G~無制限3,278円(税込)

1年間基本料が無料になるキャンペーンは終了し、現在は、申し込みから3か月基本料金が無料になるキャンペーンが実施されています。

楽天モバイルは通話もデータも使い放題でこの金額になるので、安さは業界1位であること間違いないです。

子供が小学生のうちはデータを消費するのはGPSで居場所を確認するときや、自宅でのWi-Fi利用がメインになると思うし、外出先で動画を観たとしても20GBを超えることほぼないんじゃないかと予想しています。

早速メリットから紹介していきますね。

メリット

①未成年でも契約ができる

今まで月額料が安い格安SIMで契約するには、18歳以上でなければならない会社がほとんどでした。

そのため親名義で契約をして、利用者を子供にする必要があったんですが、楽天モバイルでは18歳未満の未成年でも契約が可能です。

au・docomo・ソフトバンクでは未成年名義での契約もできるんですが、先日発表された新料金プランに関しては20歳以上でないと名義人にはなれません。

楽天モバイルは、未成年が契約する場合、店舗への来店が必須だったんですが、2021年6月28日からインターネットでも申し込みができるようになりました!

WEB経由でも保護者の同意は必ず必要ですが、店舗に来店するよりも時間がかからず契約できるのは嬉しいですよね!

WEB申し込み時に必要な書類
  • 子供の本人確認書類
    (マイナンバーカード/健康保険証+住民票/パスポート+住民票 のいずれか)
  • クレジットカードもしくは銀行口座
    (保護者のものでOK)
  • 保護者の本人確認書類
    (免許証など 詳細はコチラ)
  • 法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書
    (ダウンロードはコチラ)
    ※印刷してアップロードする必要アリ
     店舗でもらうことも可能

②子供名義でもキャンペーンが適用できる

楽天モバイルは現在お得なキャンペーンを実施しています。

現在開催中のキャンペーン
  • 3か月間月額料無料
  • 新規申込5,000ポイント還元
  • 新規申込と同時にRakuten Hand購入で20,00ポイント還元
  • Android端末購入と同時申込で最大25,000ポイント還元
    ※回線のみでもMNPで最大20,000ポイント
  • iPhone限定!乗り換えだけで最大20,000ポイント還元
  • 他社から乗り換え+iPhone12購入で22,000割引き

これらのキャンペーンは、1名義に対して1回適用できるので、家族全員がそれぞれの名義で契約をすれば全員分キャンペーンが適用になります。

子供に初めてスマホを契約させるなら、端末の購入も必要になると思うので、端末のポイント還元キャンペーンはなかなか熱いです。

しかも今なら、楽天オリジナルスマホ「Rakuten Hand(楽天ハンド)」が、端末代金実質0円でゲットできます!

うちは娘にRakuten Handを購入したんですが、サイズ感が小学生の手にちょうどいいんですよね~!

ずっと在庫なしだったので、もう販売終了したのかと思ってましたが、やっと再販開始したみたいです。

前回もすぐ在庫切れになったので、早めにゲットすることをおすすめします★

③支払方法は親名義のものを設定できる

支払方法は、クレジットカードか銀行口座を選ぶことができて、保護者名義のものを設定できます。

保護者も楽天モバイルを契約するなら、同じ支払方法を設定しておくと請求の管理もしやすいです。

ただ、子供名義の請求明細を確認するには、子供のスマホを使ってアプリで見るか、親のスマホやパソコンを使うなら子供の楽天アカウントでログインして確認する必要があります。

私は子供が学校に行っている間に家計簿を確認することがほとんどなので、学校にスマホを持って行ってたら確認が面倒だなと思いました。

ただ、確認だけなら時間がかかる作業ではないので、子供からスマホを借りるか、寝てる時間を使ってみれば問題ありません。

また、アカウントを切り替えれば親のスマホからでも請求額や明細の確認ができます。

楽天モバイルは利用データ数に応じて段階式に料金があがるので、できれば毎月子供の利用金額は見ておくと安心ですよ。

一応、WEBで明細が見れない人は紙で請求明細を送ってもらうことができるんですが、毎月84円(税込)の手数料がかかります。

デメリット

①店舗で契約の場合は保護者同伴で来店が必須

楽天モバイルは、未成年でもネットで契約することができるようになりました!

ただ、どうしても店舗で手続きをしたい場合は、保護者同伴での来店が必要です。

必要な持ち物
  • 身分証明書(マイナンバーカードor健康保険証orパスポート)
    ※健康保険証orパスポートの場合は住民票が必要
  • 支払方法に設定するクレジットカードor銀行口座(保護者のものでも可)
  • 保護者の身分証明書(受付可能な証明書一覧はコチラ)
  • 保護者の印鑑
  • スマートフォン(持込みの場合)
  • MNP予約番号(他社から乗り換えの場合)

現在、楽天は新規加入者がたくさん増えていて、予約なしで店舗に行っても対応してくれない可能性がめちゃくちゃ高いです。

行くなら必ず来店予約をしてくださいね!

私の時は2週間先まで予約がいっぱいでした…

ただ、2021年6月28日から、未成年もWEBで楽天モバイルの契約ができるようになったので、わざわざお店に行く必要はないんじゃないかなと思います★

②子供用の楽天アカウントが必要

楽天モバイルを契約するには、楽天アカウントの作成が必要です。

楽天アカウントを作るにはメールアドレスがいるので、子供用にフリーメールであらかじめメールアドレスを取得しておく必要があります。

Yahoo!メールやGメールなら無料でかんたんに作ることができるのでおすすめですよ!

子供にAndroidスマホを持たせる場合は、googleアカウントが必要になるので、楽天アカウントもGメールで作成しておくと便利です。

③ポイント還元は子供の楽天アカウントに入る

現在、楽天モバイルでは契約すると誰でも5,000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。

楽天で新たにスマホを購入するなら、さらに端末に応じて最大20,000ポイントをもらうことができます。

楽天ポイントは、楽天市場での買い物や楽天Payで現金のように使うことができて私自身大好きなんですが、楽天モバイルで還元されるポイントは名義本人の楽天アカウントに付与されます。

つまり、子供名義で楽天モバイルを契約したら、子供の楽天アカウントにポイントが入るってことなんですよね。

楽天ポイントをスマホの支払いに充当することもできるんですが、キャンペーンで付与された楽天ポイントは有効期限が6か月の期間限定ポイントです。

正直使いにくそう…

楽天ポイントは他のアカウントにあげたりもらったりすることが出来ないので、子供にもらったポイントは子供のアカウントで消費しなきゃならないんです。

月々の支払に充当したとしても、子供の利用環境なら基本料金が0円~1,078円くらいで十分だと思うので余ることがほとんどだと思います。

ポイントを使い忘れてて失効してしまったとならないように気を付けてくださいね。

楽天モバイルを親名義で契約する場合

メリット

①楽天アカウントを一本化でき請求の管理がしやすい

1つの楽天アカウントで2台契約する場合は、請求明細をWEBでかんたんに見ることができます。

子供名義でそれぞれ楽天モバイルを契約する場合は、いちいちログインしなおす必要がありましたが、

2台契約なら画面上に電話番号の切り替えをタップするだけなので、請求の管理はしやすいと思います。

②子供名義にしたくなったら名義変更で対応できる

たとえ親名義で契約していたとしても、いつでも子供名義に変更することができます。

ただ手数料が3300円かかってしまうので、番号が変わることに抵抗がなければ、解約して新規で契約しなおす方が費用を安くできます。

楽天モバイルは解約に縛りも解除料金もかからないので安心ですよ!

デメリット

①基本料金の1GB未満0円は適用にならない

楽天モバイルは、月間のデータ利用が1GB以下だと0円で持てるのが魅力なんですが、楽天モバイルで2台契約する場合、2台目は適用になりません。

2台目の料金プランは以下の通り。

0G~3G980円
(税込1,078円)
3G~20G1,980円
(税込2,178円)
20G~無制限2,980円
(税込3,278円)

すでに親が楽天モバイルを契約している場合は、子供に使わせるスマホ代はコチラの料金プランになります。

防犯対策としてGPS代わりにスマホを持たせるだけなら、おそらく3GB未満で収まると思うんですが、外出時にWi-Fiなしで動画を観たりゲームをするとなるとデータ消費量も増えるので注意してください。

②キャンペーンが適用にならない

現在開催中のキャンペーン
  • 3か月間月額料無料
  • だれでも5,000ポイント還元
  • 端末購入と同時申込で最大25,000ポイント還元
  • 他社から乗り換え(MNP)なら端末を購入しなくても最大20,000ポイント還元

楽天で現在開催されているキャンペーンは、上記の通りです。

これらのキャンペーンは全て、1名義1回までしか適用されません。

すでに親が楽天モバイルを使っているor新規契約する場合は、親名義で契約すると子供の分のキャンペーンがないので注意してくださいね。

今まで、未成年が楽天モバイルを契約するには来店が必要でしたが、現在はネットで手続き可能になったのでぶっちゃけ親名義で契約するメリットはありません。

親も子供もそれぞれの名義で契約し、キャンペーンをもらっちゃいましょう!

現在開催中のキャンペーンはコチラ

キャンペーン一覧

子供名義と親名義どっちがいい?

ポイントをゲットするなら子供名義がおすすめ!

楽天モバイルは、月々の月額料が安いのはもちろんですが、キャンペーンがめちゃくちゃ魅力です。

新規で契約したら誰でも5,000ポイントもらえるし、他社から乗り換えると最大20,000ポイントもらえます。

また、子供に初めてスマホを持たせる場合は端末の購入が必要ですが、申込時に端末を購入すると最大25,000ポイントもゲットできますよね。

ポイント還元によって、端末代金が実質1円になる機種もあるので、子供名義で契約した方が絶対にお得です。

しかも、ずっと在庫切れだった、楽天オリジナルスマホ「Rakuten Hand(楽天ハンド)」が入荷していましたー!

Rakuten Handは、新規申し込みと同時に端末を購入すれば、実質端末代金0円でゲットできるんです!

Rakuten Hand本体価格20,000円(税込)】
→購入と同時に新規申込で20,000ポイント還元なので実質無料!

※楽天モバイルに初めて申し込む方
※楽天通話アプリ(Rakuten Link)を1度でも使うこと
※ポイントはLink利用の翌々月末日に付与

楽天モバイルのキャンペーンは、1名義につき1回しか適用されないので、家族それぞれの名義で楽天モバイルを契約したら全員ポイントをゲットできますよー!

例)3人家族の場合

父→20,000ポイント(他社から乗り換え・端末購入なし)
母→20,000ポイント(他社から乗り換え・端末購入なし)
子供→25,000ポイント(端末購入と同時申し込み)
※購入する機種によってポイントが異なります

→合計65,000ポイントもらえる!

月々の利用が1GB未満なら子供名義がおすすめ!

楽天モバイルの強みは、月間の利用データ数が1GB未満だと、月額料が0円になることですよね。

子供が中学生や高校生だと、外でインターネットやゲームをして1GB未満に収めるのは難しいかもしれませんが、小学生のうちは1GB未満に収まる可能性が高いです。

実際に、小学生の子供に楽天モバイルで契約したスマホを持たせてるんですが、契約してから一度も1GBを超えたことがありません♪

ほとんどGPSで居場所を確認するのと、習い事のお迎えで連絡を取り合うしか使ってないんですが、ずーーっとタダなんです!!

小学生なので、自由にインターネットを見たりアプリのダウンロードをしたりしないようセキュリティを強めているんですが、不自由なく使えています。

毎月0円で持てることを考えたら、絶対に子供名義がおすすめですよ。

楽天ポイントや請求を手軽に管理したいなら親名義がおすすめ!

支払いに関しても、楽天モバイルは楽天ポイントを使って月額料を支払うことができますが、楽天ポイントは会員ごとに付与されます。

子供の場合はポイントがたまってもポイントを使う機会は少ないと思うので、ポイントを1つにまとめたい場合は親名義で契約した方が管理はかんたんです。

子供が成長するまで楽天モバイルを使い続けるとは限らないし、今時はLINE通話がメインで電話番号もさほど重要視されない時代なので、子供名義にしたければ解約して新規契約という手もあります。

また、子供名義の支払い方法に親のクレジットカードを登録できますが、月々の利用料やデータ使用量を確認するにはアカウントの切り替えが必要です。

子供用の楽天アカウントにイチイチ切り替えるのが面倒な方は親名義で契約すると管理しやすいですよ。

子供が外でスマホを使わない場合やWi-Fiの利用が多い場合は、契約の1台目を子供の端末にすると、1か月1GB未満になり月額料0円で持てます。

大人が月々1GB未満にするのは難しいので、親の電話番号を2台目として契約するのが一番お得ですよ!

MNP予約番号の取得~楽天モバイル開通まで
  • STEP1
    現在契約中の携帯会社で予約番号を取得する

    WEB申込の場合はMNP番号の有効期限が7日以上必要です。

  • STEP2
    楽天モバイルに申し込む

    公式サイトの画面通りに進めるだけなので難しいことはないです。
    SIMタイプをnanoSIMかeSIMか選ぶ必要がありますが、nanoSIMを選ぶと今までと同じ「チップタイプ」のSIMが届きます。
    後から変更もできるので、不安な方はnanoSIMを選ぶことをおすすめします。

  • STEP3
    MNP開通手続きをする

    楽天モバイルからSIMカードが届いたら、my楽天モバイルにアクセスして開通手続きをしてください。
    21時~翌8時59分の時間に手続きしてしまうと翌9時になるまで開通が完了しません。
    手続き完了まではWi-Fiがないとネットが使えなくなってしまうので、時間のある日中帯で手続きした方が安心です!

子供名義・親名義どちらでも注意すべきこと

①安心フィルターの加入が必要

18歳未満がスマートフォンを使う場合、インターネットトラブルに巻き込まれることがないようセキュリティオプションに申し込むのが義務付けられています。

楽天モバイルでは「あんしんコントロール by i-フィルター」というオプションが用意されているんですが、i-フィルターはほとんどの格安SIM会社でも採用されている国内最大級のセキュリティソフトなので、安心して使うことができます。

料金は月額330円(税込み)です。

あんしんコントロール by i-フィルター
できること一覧(一部)
  • WEB閲覧のフィルタリング
  • 閲覧サイトのチェック
  • アプリフィルタリング
  • 子供の位置確認(Androidスマホのみ)※iPhoneは「iPhoneを探す」で代用
  • 利用時間の制限
    など

以下の機種は安心コントロールが使えないので注意

HUAWEI P30 lite/HUAWEI nova 5T/Find X/AX7/R17 Pro/Reno 10x Zoom

②楽天キャリア決済に注意

楽天キャリア決済は、Google Playストアで有料のアプリを購入したり、ゲームの課金をすることができます。

支払方法がクレジットカードに設定されている人しか使うことはできないんですが、

楽天モバイルは楽天カードを支払方法に設定しておくとポイントが貯まりお得になるので、多くの人が楽天カードを設定するんじゃないかなと思います。

Google Playストアでの設定が必要ではあるんですが、割とかんたんに設定ができてしまうので、小さい子の誤操作や子供が課金したくて使ってしまう危険があります。

楽天のコミュニティセンターにチャットでキャリア決済を使えないように手続きができるので、心配な方は忘れずに設定してくださいね。

③持ち込む機種によっては使えないものがある

楽天モバイルでスマホ端末を新たに購入するのであれば問題ないんですが、中古のスマホや親のお下がりで使わせる場合は、必ず楽天モバイルで利用できる端末か確認してください。

iPhoneはiPhoneXRより新しい機種でしか使えなかったんですが、サービスが拡大してiPhone6s以降に発売された機種が利用できるようになりました!

ただし、中古端末を使う場合は、念のため対応端末を必ず確認をしておきましょう。

④通信エリアは夏までに拡大予定

楽天モバイルは携帯会社に参入してまだ日が浅いので、場所によっては楽天回線がつながらない可能性があります。

2021年の夏までに、人口カバー率96%を目指しているようで、普及が急速に進んでいる状況なんですが、まだまだ電波は弱そうです。

ただ、楽天エリアがつながらない場所は、auの電波をパートナー回線として使えるようになっているので、圏外になってしまうことはほとんどないと思います。

しかしau回線を使えるのは1か月で5GBまでで、それを越してしまうと速度制限がかかります。

最新の電波状況は公式サイトでマップをみることができるので、自宅やその周辺、よく行く場所を確認しておいてくださいね。

⑤MNPで移行できるのは本人名義の場合のみ

これはすでに他社で契約したスマホを子供に持たせている方向けなんですが、MNPで電話番号そのまま楽天モバイルを契約するには名義が同一である必要があります。

もし他社の格安SIMで契約していた場合、未成年が契約者になれないところも多いので、移行前に誰の名義で契約していたか確認しておいてくださいね。

楽天モバイルを子供名義で契約したい場合は、移行前に子供に名義変更をするか、解約して新規で楽天モバイルを契約する必要があります。

名義変更には手数料がかかる可能性もあるので、心配な方は今契約している携帯会社に確認してくださいね!

まとめ

かなり長くなってしまいましたが、楽天モバイルの契約名義についてじっくり調べてみました~!

今まで子供名義で契約するには店舗の来店が必要でしたが、ネットから手続きできるようになってめちゃくちゃ便利になりました!

基本料金1年無料キャンペーンが終了してしまいましたが、3か月無料のキャンペーンがiPhoneの販売が発表されたので、まだまだ楽天モバイルは人気が出そうですね。

しかも他社から乗り換えで最大20,000ポイントもらえるキャンペーンも始まったので、家族みんなで楽天モバイルを契約するなら今がお得です!

キャンペーンの終了時期は未定ですが、いつ終わるかわからないのでお得なうちにポイントをたくさんゲットしておきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました