子供にはキッズケータイとスマホどっちがいいの?機能と料金を比較してみた

子供が小学生に上がるタイミングでキッズケータイを持たせようか考えていましたが、調べてみると高学年になるにつれてスマートフォンを持たせているケースが多いことがわかりました。

小学生にスマホなんて持たせたら「スマホ依存になるし、変な事件に巻き込まれる可能性もあるんじゃないの!?」と思っていたのですが、LINEモバイルならフィルタリングが無料で使えて、しかも月々の月額料も安い

調べていくと、うちの場合はキッズケータイではなく、LINEモバイルで格安SIMを契約しスマホを持たせた方がいいなーと思ったのでご紹介します。

キッズケータイとスマホの機能と料金

キッズケータイ

キッズケータイはauエーユーdocomoドコモ・ソフトバンクで契約することができます。

2020年1月17日にdocomoでフルタッチ画面のキッズケータイ(SH-03M)が発売されたことで「キッズスマホ」と話題になっていましたが、機能としてはスマホではなくキッズケータイなので注意してくださいね。

機能

機能は各社同じようなサービスがそろっています。大まかな内容は以下の通りです。

キッズケータイでできること
  • 子供の居場所確認
  • 子供が自宅に帰宅したら通知
  • 連絡帳に登録した電話番号のみと通話
  • 防犯ブザー搭載
  • セキュリティ会社のかけつけサービス(auとソフトバンクのみ)

それぞれのサービスを詳しく説明していきますね。

子供の居場所確認

子供が下校するときや、公園に遊びに行ったときなどに居場所がわかると安心ですよね。各社それぞれ、GPSを使ってキッズケータイの居場所を確認することができます。

名前が会社によって違うのでわかりにくいなーと思ったので表にまとめてみました。

オプションはキッズケータイ側で加入するのではなく、探す側(親)で加入する必要があります。また、探す側(親)と同じ会社でキッズケータイを契約する必要があるので注意してくださいね!

親がauなら子供もauでキッズケータイを契約するよ

audocomoソフトバンク
オプション名安心ナビイマドコサーチ位置ナビ
月額料
(税抜)
300円
(スマパス加入者
無料)
200円200円
(基本パック加入者
無料)

子供が自宅に帰宅したら通知

私はフルタイムで仕事をしていて子供の帰宅時間に家にいることが出来ないので、この機能はあると便利だなーと感じています。

ただ、この機能は自宅にあるWi-Fiの電波をキッズケータイ側で感知することで通知がいくという仕組みになっているため、自宅にWi-Fiがなければ利用できないので注意してくださいね!

あわせて、これ以外にも便利な通知機能があるので各社ごとにご紹介します。

audocomoソフトバンク
通知機能一覧・出かけるよアラーム
→習い事への出発時間をアラームでお知らせ
・出ないときガイド
→電話をかけてもつながらない場合に保護者へ通知
・電池残量通知
→電池残量が少ないことを保護者へ通知
・電源オフ通知
→電源が切れた時に保護者へ通知
・みまもりアラート
→子どもが親のそばを離れた時に通知
・電池アラーム通知検索
→電池残量が少なくなったら保護者へ通知
・電源OFF検索
→電源が切られたら自動で電源が入り保護者へ通知
・車や電車で高速移動をすると自動で保護者へメール送信

連絡帳に登録した電話番号のみと通話ができる

キッズケータイは連絡先に登録した人としか通話ができません。そのため知らない人から電話がかかってきたり子供の間違い電話を防ぐことができます。

子供がケータイでイタズラ電話をかけて通話料が高額に…なんてこともできないので安心ですね。

・au→連絡帳(最大50件)に登録した人以外の受発信を拒否
・docomo→連絡帳(最大50件)に登録した人以外の受発信を拒否
・ソフトバンク→発信は10件、受信は20件まで登録した人以外の受発信を拒否

防犯ブザー搭載

最近は小学校入学時に防犯ブザーが配布される地域も増えてきました。しかし地域によっては配布されない学校もあるみたいなので、そうなると自分で購入しなくてはなりません。

キッズケータイには防犯ブザーが装備されているので追加で購入しなくて大丈夫。ただし学校によってはケータイの持ち込みが禁止されているところも多いので学校に確認してくださいね。

キッズケータイの防犯ブザーには、ブザーがなると保護者に通知される機能がついています。基本的な防犯ブザーは大音量で音がなるだけなので、通知機能があるのはキッズケータイのメリットですよー!

防犯ブザーが鳴った時の各社の通知方法は以下の通りです。

audocomoソフトバンク
・電話が自動で発信
・メール通知
・電話が自動で発信
・位置情報をメール通知
・メール通知

セキュリティ会社のかけつけサービス

私はこのサービスがキッズスマホの一番のメリットと思っているんですが、防犯ブザーを引っ張ることで自動でセキュリティ会社に通知がいき、親の代わりに子供の安全を電話で確認してくれます。

加えて親にも連絡がきて、希望すれば現地までかけつけてもらうことができます!

auとソフトバンクのみのサービス有料なんですが、ワーキングママでなかなかすぐに子供の元へ行くことができない場合にはとても安心できるサービスですね。

利用料は以下の通りです。

auソフトバンク
提携会社セコムCPS
(セントラル警備保障)
出動料1回30分
5000円(税抜)
※30分毎に延長可能
1回1時間
5500円(税抜)
※1時間毎に延長可能
※月額料300円(税抜)必要

時間ごとに料金が加算されていくので高額にはなってきますが、子どもの安全を考えたら背に腹は代えられません。

せっかくキッズケータイを持たせるのなら、ぜひこのサービスは登録することをおすすめします。

料金

各社それぞれの料金を表にまとめてみました。

居場所確認や、故障の時に備えて端末の保障サービスもあった方がいいと思うので計算結果に加えています。

au
(mamorino5)
docomo
(SH-03M)
ソフトバンク
(みまもりケータイ4)
月額料
(税抜)
500円500円490円
端末代金
(非課税)
660円×24回
(合計15,840円)
596円×24回
(合計14,256円)
280円×24回
(合計6,720円)
居場所確認
オプション料
(親側で加入)
300円200円200円
端末保障料380円
(故障紛失サポート)
330円
(ケータイ補償サービス)
300円
(あんしん保証パック
ライト)
月額合計
(税抜)
1840円1626円1270円

月額料金をみるとソフトバンクが最安値という結果でした!

端末代金を24回分割で計算をしているので、2年間使うことを想定した合計金額は…

・au→44,168円
・docomo→39,024円
・ソフトバンク→30,480円

でした!

しかも調べてみて驚いたんですが、auのみ2年縛りがいまだ適用になっています!2年以内に解約してしまうと1000円の違約金が発生するので注意してくださいね。

子供向けスマホ

小学校高学年(およそ4年生以上)になると、子どもが大人びてきてスマートフォンをねだることが多いようです。

子供にスマホを持たせるなんて、セキュリティ面やスマホ依存になるのではないか…と不安を抱いていたのですが、18歳未満が利用する場合はフィルタリングサービスを使うことが法律で義務化されています。

大手キャリアだろうと、格安SIMでスマホを契約しようと、フィルタリングサービスの利用は必須なんですよー!

au・docomo・ソフトバンクでスマホを契約することもできますが、大人が使うスマホと値段が変わらず高額ですしキッズ向けのフィルターサービスは格安SIM会社でも同等のものが提供されています。

そこで詳しく格安SIMのフィルタリングサービスについて調べたところ「i-フィルター」というサービスを利用している会社が多いことがわかりました!

「i-フィルター」は家庭向けのフィルタリングアプリとしてシェア率No1を誇っていて、日本PTA全国協議会が推奨している有名なアプリなんですよ。

「i-フィルター」は多くが月額費のかかる有料オプションとして提供されているんですが、なんとLINEモバイルだけが無料で提供しているんです。しかも機能もしっかり充実しているので、無料だからって劣るものではありません!

他社だと月額200円~350円くらいかかるオプションなので、これが無料になるのはありがたいなーと思いました。

機能

では詳しくLINEモバイルで提供されている「i-フィルター for マルチデバイス」について詳しく解説していきます。

i-フィルターで出来ること
  • 子供の位置確認
  • WEBフィルター
  • インターネットの利用時間制限
  • ウェブサイトの利用状況確認

このサービスは「i-フィルター for マルチデバイス」という専用のアプリをダウンロードする必要があります。

機能を詳しく説明していきますね。

子供の位置確認

キッズケータイのように子供の位置確認をすることができます。しかしキッズケータイのように自動で通知される機能はないので注意してくださいね。

また、位置検索に関してはAndroidスマホのみ使うことができるようです。iPhoneに関しては、もともとiPhone自体のセキュリティが高く「iPhoneを探す」という端末独自の端末検索機能があるので問題ないかなと思います。

WEBフィルター

i-フィルター for マルチデバイスの専用ブラウザを使うことで、子どもに見せたくない有害サイトをブロックすることができます。

主な機能は以下の通りです。

・年齢別の推奨設定
(ファミリー/小学生/中学生/高校生/大人/フィルターOFFから選択)
・見せて良いサイトの登録
・見せたくないサイトの登録
・ホワイトリスト機能
・書き込みブロック
・購入ページブロック

safariやGoogleChromeのアプリを使ってしまうとフィルターが効かないのですが、設定してsafariなどのWEBブラウザを使えないようにすれば大丈夫です。

safariなどを再度使うにはパスワードを入力する必要があるので、子供が勝手に元に戻してしまうことも防げるので安心してくださいね☆

インターネットの利用時間制限

私がスマートフォンを持たせることで一番心配だったのは、「利用時間が増え勉学に集中できなくなるのではないか」ということでした。

しかしi-フィルター for マルチデバイスを使えば、インターネットの利用時間を制限することができるので設定した時間以外は利用をできなくすることができます。

子どもの使い過ぎを防げるから安心

ウェブサイトの利用状況確認

この機能を使えば利用したアプリやWEBの検索履歴をチェックすることができます。

子どものプライバシーにも関わるので、逐一チェックするのもどうなんだろう…と悩んでしまいますが、子どもが小さいうちは大人が見守ってあげるのも大切かなと思っています。

インターネットが身近な現代だからこそ、インターネットの使い方も正しく教えてあげたいですよね。

LINEの年齢認証

LINEが利用できてしまうと、知らない人と友達になったり良からぬLINEグループに参加してしまう不安があると思います。

LINEモバイルならLINEの年齢認証機能がついているので、18歳未満の場合はID検索での友達追加はできません。

年齢認証はau・docomo・ソフトバンクでも導入されているんですが、格安SIMで使えるのはLINEモバイルだけなんですよ!

LINEで友達になるには、直接会って【QRコードで追加】をする必要があるよ

この年齢認証の機能によって、18歳までは会ったことのない人と勝手に連絡を取り合ったりすることはできないので安心してくださいね。

料金

LINEモバイルの料金は以下の通りです。親が使っていたスマホをお下がりにして持たせることもできますし、LINEモバイルで購入することもできます。

今回はお下がりにした場合と、現時点で購入できる機種のうち最安値の「OPPO A5 2020」という機種で比較してみました。

また、外ではネットばかり使わせたくないですし、家で使うのならWi-Fiを利用できることを考慮して500MBまでデータが使える「LINEフリー」プランで計算していきます。

機種持込み機種購入
月額料
(税抜)
600円600円
端末代金
(税抜)
なし880円×24回
(合計21,120円)
※一括購入なら19,800円
端末保障料500円450円
月額合計
(税抜)
1000円1930円

端末代金を24回分割で計算をしているので、2年間使うことを想定して計算してみます。

・機種持込み→24,000円
・機種購入(端末分割)→46,320円
・機種購入(端末一括)→45,000円

今回比較したプランはLINEフリープランのデータSIMのみのプランなので、LINE通話以外の電話の発信はできません。

ただ子どもの成長に合わせて通話付きのプランに変更することもできますし、小学生のうちは家族との通話がメインになるので通話機能は必要ないと考えています。

持込み機種にも端末保障をつけることができるので、万が一の故障にも備えることができて安心です。

LINEモバイル公式サイトはコチラ
LINEモバイル

au・docomo・ソフトバンクでキッズスマホを利用した場合の料金も調べてみたのですが、現在キッズスマホを販売しているのはauのみでした。

参考までに料金を計算してみたのですが

家族割りプラス
適用
(同居家族3人)
家族割りプラス
適用
(同居家族2人)
家族割りプラス
適用なし
月額料1980円2480円2980円
端末代金
(非課税)
1374円×24回
(合計32,976円)
1374円×24回
(合計32,976円)
1374円×24回
(合計32,976円)
学割適用
※12か月間のみ
※2020年6月1日まで
-1000円-1000円-1000円
端末保障
(故障紛失サポート)
630円630円630円
合計12か月間:2984円
それ以降:3984円
12か月間:3484円
それ以降:4484円
12か月間:3984円
それ以降:4984円
※税抜き

学割のメリットで通常1GBまでの料金で2GB利用できるのはいいんですが、それにしても金額が高い…!

しかも、データ利用が2GBを超えて使ってしまうと階段型に金額もどんどん高くなるので注意が必要です。

おまけに学割も最初の1年間しか適用されないので、2年間使うとなると…

・家族割りプラス適用(同居家族3人)→83,616円
・家族割りプラス適用(同居家族2人)→95,616円
・家族割りプラス適用なし→107,616円

LINEモバイルと比較すると端末を購入した場合と比べて3倍近く高くなってしまいます。

LINE通話以外の通話もできるし、セキュリティ会社のかけつけサービスも利用することはできるけれど、子供に持たせるには高額すぎる気がしますね。

子供は家族以外と通話する機会もありませんし、セキュリティ会社のかけつけサービスがどうしても欲しいというわけでなければLINEモバイルで十分かなーと思います。

LINEモバイル公式サイトはコチラ
LINEモバイル

比較一覧表

キッズケータイとLINEモバイルでの機能を比較して一覧表にまとめてみました。

それぞれの違いについての参考にしてくださいね。

au
(キッズケータイ)
docomo
(キッズケータイ)
ソフトバンク
(キッズケータイ)
LINEモバイル
(スマホ)
子供の位置確認
帰宅したら通知
(専用の機械が必要)
×
特定の人と通話
(最大50件)

(最大50件)

(発信10件/受信20件)

(LINEに登録した人のみ)
防犯ブザー×
セキュリティ会社の
かけつけサービス
××
WEBフィルター×××
WEB利用制限×××
WEB利用状況確認×××
※キッズケータイにはWEBサイトへの接続機能がありません

LINEモバイル公式サイトはコチラ
LINEモバイル

キッズケータイとスマホどっちを選べばいい?

かけつけサービスを使うならキッズケータイ

キッズケータイの強みはやっぱりセキュリティ会社のかけつけサービスがあることです。防犯ブザーもついているのでセキュリティ面はハイスペックですね。

また、インターネットの接続ができないので子供がネットに夢中になり勉学がおろそかになってしまう心配もありません。

ただ月々の基本料が高いことと、家族割りが適用できなければ通話料やSMS利用料もかかってしまうので金銭面では高くついてしまいます。

なのでどうしてもセキュリティ会社のかけつけサービスが欲しいという方にはキッズケータイを契約するのがおすすめですよー!(auとソフトバンクのみですが)

価格・機能重視なら子供向けスマホがおすすめ

LINEモバイルLINEアプリの利用が無料で使い放題なのが強味ですね!

私は子供のおじいちゃん・おばあちゃんに子供のお世話を頼む機会が多いので、大人が持っているスマホ会社に左右されることなくLINE通話が無料でできるのがいいなと思っています。

デメリットとしてはフィルタリングアプリでの設定をしっかりと行う必要があることと、スマホ依存によって勉強がおろそかになってしまう心配があることです。

ただ、フィルタリングの設定は契約時の1度だけですし、そのあとは進級のタイミングで行うものなので頻繁に設定を変更しなければならないものではありません。

スマホの利用時間については、専用のフィルタリングアプリを使って利用時間の制限をかけることができるので使いすぎる心配もないですよね。

セキュリティ会社のかけつけサービスがないのは残念ですが今は集団登校を取り入れている小学校も多いですし、放課後は学童保育を利用して帰宅時は親が迎えに行くという状況なら子供が一人になる機会も少ないんじゃないかなと思います。

高学年になってスマホに買い替えるという必要もないですし、月額料も安いので金銭面・機能面で考えればLINEモバイルがおすすめですよー!

LINEモバイル公式サイトはコチラ
LINEモバイル

まとめ

以上、キッズケータイとスマホの違いについてご紹介しました。

私の家庭環境の場合は、小学校でGPSのメール通知が導入されていることと放課後は学童保育を利用するので子供が一人になる機会が少ないことを考慮してLINEモバイルでスマホを契約し持たせることにしました。

スマホを利用する年齢層もどんどん低年齢化していますし、プログラミング授業も導入されるので普段からスマホなどのITに触れるのもいいんじゃないかなと思っています。

ただ「子供に携帯を持たせる=子供の安全」にもなりますので、ご家庭の状況を考慮して最善の方法を選ぶことが最優先なので、小学校入学前に子供の安全や防犯方法についても見直してみてくださいね☆

LINEモバイル公式サイトはコチラ
LINEモバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました