蛇口一体型(スパウトイン)浄水器はどれがおすすめ?人気メーカーの性能や価格を徹底比較

私は今までお水をまとめ買いしていたんですが、運ぶのが重いことやペットボトルのゴミが増えてしまうことに悩んでいました。

ウォーターサーバーの契約も考えたんですが、お水を購入するよりも金額が高いので手が出せず…

そこで思い切って蛇口を浄水器つきに交換したところ、安いランニングコストで毎日美味しいお水が飲めるようになり大正解でした☆

見た目がスタイリッシュで掃除のしやすい蛇口一体型(スパウトイン)浄水器で探したんですが、販売しているメーカーによってカートリッジの価格や浄水性能が違うんですよね。

「何を基準に選んでいいのかわからないよー!!」

ってことで人気メーカーの蛇口一体型(スパウトイン)浄水器の性能や価格を調べて比較してみました!

取り付けできる蛇口には種類がある

家庭で使うキッチン用水栓(蛇口)は全部で3種類あります。

現在の水栓が下記のどのタイプであるのかをしっかり確認し、同じタイプを選んでください。

蛇口一体型(スパウトイン)浄水器はどのタイプでも販売されていますよ~☆

①台付1穴(ワンホールタイプ)

最近の住宅の多くは、この台付1穴(ワンホールタイプ)であることがほとんどです。

水栓穴が一つしかなく、水とお湯が同じ穴からでてきます。

②台付2穴(2ホールタイプ)

お湯が出る穴と水が出る穴が別々にあるタイプの蛇口です。

③壁付けタイプ(壁出しタイプ)

こちらは水栓の穴が壁に取り付けられているタイプの蛇口です。

見た目違うので、家でどのタイプを使っているかすぐわかるかなと思うんですが、不安であればホームセンターなどにあるリフォームコーナーで相談してみてくださいね。

今回の記事では、現在主流となっている台付1穴(ワンホールタイプ)の蛇口をご紹介していきます!

蛇口一体型(スパウトイン)浄水器の人気メーカー4選

タカギ

蛇口一体型浄水器ラインナップ

タカギで販売されている蛇口は以下の通りです。

カートリッジの種類
  • みず工房クローレ用(高除去+にごり除去タイプ)/品番:JC0037
  • みず工房クローレ用(高除去性能タイプ)/品番:JC0036ST
  • みず工房クローレ用(標準タイプ)/品番:JC0032ST
カートリッジの種類
  • みず工房コンバージェンス用(高除去性能タイプ)/品番:JC0066
  • みず工房コンバージェンス用(標準タイプ)/品番:JC0062
カートリッジの種類
  • みず工房グース用(高除去性能タイプ)/品番:JC0046
  • みず工房グース用(標準タイプ)/品番:JC0042UG

私はタカギのクローレを購入しました☆

浄水カートリッジの性能比較表

タカギで販売されている浄水カートリッジの性能を表にまとめてみました!

高除去+にごり除去タイプ高除去性能タイプ標準タイプ
除去項目13+2124
対応除去物質【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形鉛など)
総トリハロメタン
クロロホルム
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン

【浄水器協会で定められた除去対象物質】
鉄(微粒子状)
アルミニウム(中性)
【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
総トリハロメタン
クロロホルム
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン
【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
溶解性鉛
対応蛇口クローレクローレ
コンバージェンス
グース
クローレ
コンバージェンス
グース

水の濁りが気になる方は「高除去+にごり除去タイプ」を、必要最低限だけでいいよって方は「標準タイプ」を選ぶといいのかなと思います。

家庭用品品質表示法とは→商品の品質について適切な情報を消費者が受け取れるようにするための法律。主に発がん性物質の除去項目がある

浄水器協会とは→一般社団法人が運営する、浄水器の信頼を確立するための基準を確立している団体。鉄やアルミニウムといった水の味に関わる除去項目が多い

浄水カートリッジの値段と交換頻度

カートリッジの値段は以下の通りです。

高除去+にごり除去タイプ→4,730円(税込)
高除去性能タイプ→4,070円(税込)
標準タイプ→3,520円(税込)

交換頻度は一日の使用量に応じて2~4か月です。

蛇口から水道水を飲む予定であれば、家族の人数も目安に選ぶといいかなーと思います!

また、交換頻度に応じたひと月あたりのコスパはコチラの表を参考にしてみてください。

推奨家族人数使用量の目安(1日あたり)交換サイクル一か月分のコスパ(税込)
5人以上20L/日2か月高除去+にごり除去タイプ
→2,365円
高除去性能タイプ
→2,035円
標準タイプ
→1,760円
3~4人13L/日3か月高除去+にごり除去タイプ
→1,576円
高除去性能タイプ
→1,356円
標準タイプ
→1,173円
1~2人〜10L/日4か月高除去+にごり除去タイプ
→1,182円
高除去性能タイプ
→1,017円
標準タイプ
→880円

私は主人と子供の3人暮らしですが4か月ごとの交換で問題なく使えています!

クリンスイ

蛇口一体型浄水器ラインナップ

クリンスイで現在販売されている蛇口は以下の通りです。

F428

F425

カートリッジの種類
  • 除去物質11タイプ/品番:HFC011
  • 除去物質5タイプ/品番:SFC0002

クリンスイの蛇口はどっちを選んでも同じカートリッジが利用できます。

また、蛇口の見た目も機能もまったく変わらないので、値段の安い方を選んでいいんじゃないかなーと思います。

浄水カートリッジの性能比較表

クリンスイの浄水カートリッジの性能は以下の通りです!

除去物質11タイプ除去物質5タイプ
除去項目115
対応除去物質【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形亜鉛など)
総トリハロメタン
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形亜鉛など)
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
対応蛇口F428、F425F428、F425

クリンスイの浄水器カートリッジは、他のメーカーと比べて除去物質の数が少ないので、安全性を重視するなら他のメーカーを選んだ方がいいですよー!

浄水カートリッジの値段と交換頻度を比較

カートリッジの値段はコチラ。

除去物質11タイプ→5,720円(税込)
除去物質11タイプ(3本セット)→15,290円(税込)
除去物質11タイプ(定期購入/1本)→4,400円(税込)

除去物質5タイプ→4,950円(税込)
除去物質5タイプ(3本セット)→10,300円(税込)
除去物質5タイプ(定期購入/1本)→3,300円(税込)

公式サイトで購入するのであれば、定期便を頼むのが最安値になります。

ただ「除去物質5タイプ」だけは通販サイトで正規品のカートリッジを購入できて値段も安いので、「除去物質5タイプ」でいいかな~って方はAmazonや楽天市場などでの購入がおすすめです!

またクリンスイは浄水カートリッジの交換頻度が4か月となっています。

そのため、ひと月あたりのコスパはコチラ。

除去物質11タイプ除去物質5タイプ
1本購入1,430円1,237円
3本購入1,274円858円
1本定期購入1,100円825円
Amazon・楽天などなし550円~600円
(まとめ買いした場合)

Amazonや楽天でまとめ買いするのが一番安い!!

リクシル(INAX)

蛇口一体型浄水器ラインナップ

リクシルで販売されている蛇口はコチラです。

カートリッジの種類
  • ハイグレードタイプ/品番:JF-K12
  • スタンダードタイプ/品番:JF-K11
  • エコノミータイプ/品番:JF-K10

他にも種類があるんですが、浄水カートリッジの性能が一番いいのはコチラの商品なので、どうせ購入するなら性能の高い蛇口がおすすめです。

他の商品が気になる方は公式サイトのぞいてみてください!

リクシル公式サイト

浄水カートリッジの性能比較表

リクシル(INAX)の浄水カートリッジの性能は以下の通りです!

ハイグレードタイプスタンダードタイプエコノミータイプ
除去項目11+48+25
対応除去物質【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
総トリハロメタン
クロロホルム
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン

【浄水器協会で定められた除去対象物質】
鉄(微粒子状)
アルミニウム(中性)
ジェオスミン
フェノール類
【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形亜鉛など)
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン

【浄水器協会で定められた除去対象物質】
ジェオスミン
フェノール類
【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形亜鉛など)
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン

【浄水器協会で定められた除去対象物質】
ジェオスミン
フェノール類

リクシルの浄水カートリッジは、この「浄水器協会」で定められた除去物質の数が多いのが特徴です。

ハイグレードタイプのカートリッジには、水の異臭や洗剤に使われる化合物の除去が含まれているので、クリアなお水の味を感じれるんじゃないかな~と思います。

浄水カートリッジの値段と交換頻度

カートリッジの値段はコチラ。

いずれも公式サイトで定期購入した場合の金額です。

ハイグレードタイプ(1本)→5,940円(税込) ※4か月ごとの購入の場合は6,050円
ハイグレードタイプ(3本セット)→17,160円(税込)
ハイグレードタイプ(4本セット)→22,880円(税込)
ハイグレードタイプ(6本セット)→34,320円(税込)

スタンダードタイプ(1本)→8,910円(税込)※8か月ごとの購入の場合は9,020円
スタンダードタイプ(2本セット)→17,380円(税込)
スタンダードタイプ(3本セット)→26,070円(税込)

エコノミータイプ(1本)→6,820円(税込)※8か月ごとの購入の場合は6,930円
エコノミータイプ(2本セット)→13,200円(税込)
エコノミータイプ(3本セット)→19,800円(税込)

公式サイトではカートリッジの都度購入もできますが、送料550円がかかるのでオススメできません。

楽天やAmazonなどの通販サイトで購入した方が断然お得になります☆

リクシルの浄水カートリッジは、使用人数と浄水カートリッジの種類に応じて交換頻度が異なるので注意が必要です!

各カートリッジの交換目安と、公式サイトで購入する場合のコスパ(ひと月あたり)は以下の表を確認してくださいね。

ハイグレードタイプ

推奨家族人数浄水使用量の目安
(1日あたり)
交換サイクルの目安1か月分のコスパ(税込)
5人以上20L約2か月1本→2,970円
3本→2,860円
4本→2,860円
6本→2,860円
3~4人13L約3か月1本→1,980円
3本→1,906円
4本→1,906円
6本→1,906円
1~2人〜10L約4か月1本→1,512円
3本→1,430円
4本→1,430円
6本→1,430円

スタンダートタイプ

推奨家族人数浄水使用量の目安
(1日あたり)
交換サイクルの目安1か月分のコスパ(税込)
5人以上20L約4か月1本→2,227円
2本→2,172円
3本→2,172円
3~4人13L約6か月1本→1,485円
2本→1,448円
3本→1,448円
1~2人〜10L約8か月1本→1,127円
2本→1,086円
3本→1,086円

エコノミータイプ

推奨家族人数浄水使用量の目安
(1日あたり)
交換サイクルの目安1か月分のコスパ(税込)
5人以上20L約4か月1本→1,705円
2本→1,650円
3本→1,650円
3~4人13L約6か月1本→1,136円
2本→1,100円
3本→1,100円
1~2人〜10L約8か月1本→866円
2本→825円
3本→825円

正直、Amazonや楽天などの通販サイトの方が安いので、公式サイトでの購入のメリットは定期購入できて交換忘れがないことくらいかな~と思います!

TOTO

蛇口一体型浄水器ラインナップ

TOTOで販売されている蛇口はコチラです。

カートリッジの種類
  • 高性能タイプ/品番:TH658-2
  • 標準タイプ/品番:TH658S

浄水カートリッジの性能比較表

TOTOの浄水カートリッジの性能はコチラ。

高性能タイプ標準タイプ
除去項目115
対応除去物質【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形亜鉛など)
総トリハロメタン
ブロモジクロロメタン
ジブロモクロロメタン
ブロモホルム
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)
テトラクロロエチレン
トリクロロエチレン
【家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質】
遊離残留塩素(カルキ)
濁り(雑菌・固形亜鉛など)
溶解性鉛
農薬(CAT)
カビ臭(2-MIB)

TOTOの浄水性能はクリンスイと同じレベルです。

浄水カートリッジの値段と交換頻度

カートリッジの値段はコチラ。

高性能タイプ(1本)→5,720円(税込)
高性能タイプ(3本セット)→16,170円(税込)

標準タイプ(1本)→4,895円(税込)
標準タイプ(3本セット)→13,200円(税込)

浄水カートリッジの寿命は4か月(10L/日使用時)となっているので、長くても4か月ごとに交換となります。

各カートリッジのコスパ(ひと月当たり)はコチラ。

高性能タイプ標準タイプ
1本1,430円1,223円
3本セット1,347円1,100円
Amazon・楽天など約900円~1000円約800円~900円

標準タイプだけでいいかな~と考えている方はクリンスイの方が安いですよー!

蛇口一体型(スパウトイン)浄水器のメーカーはどれがおすすめ?

浄水性能で選ぶなら「タカギ」!

今回ご紹介した蛇口一体型(スパウトイン)浄水器の中で、浄水カートリッジの性能が一番いいのは「タカギのクローレ」です。

家庭用品品質表示法で定められた発がん性物質の数を一番多く除去してくれます。

小さいお子さんがいる家庭でも安心してお水を飲めますよね♪

コスパで選ぶなら「クリンスイ」!

今回比較した浄水カートリッジのコスパでは「クリンスイ」の除去物質5タイプが最安値でした!

画像クリックで詳細確認できます

飲み水としてはあまり使わず、料理などに使うことが多いよーって方はクリンスイの蛇口一体型(スパウトイン)浄水器で十分かなと思います☆

カートリッジは楽天やAmazonで購入するのが最安値ですよー!

交換頻度の少なさで選ぶなら「リクシル(INAX)」

浄水カートリッジの交換頻度が最長だったのは「リクシル(INAX)」の蛇口一体型(スパウトイン)浄水器でした!

他のメーカーはどんなに長くても4か月に1回交換なんですが、リクシル(INAX)の交換頻度はなんと8ヵ月

定期的に交換しなければいけないものってどうしても忘れがちになってしまうので、年に3回も交換しなきゃけないのは面倒だ!っていう方におすすめです☆

まとめ

私は「タカギ」の蛇口一体型(スパウトイン)浄水器を購入したんですが、毎日美味しいお水が飲めて大満足しています♪

家の設備としてすでにあるものなので、それを外して新しいのをつけるなんてお金もかかるし、工事も面倒だと思ってたんですが、

毎月、重たいお水を買って運ぶ労力に比べれば工事なんてたった1回!

コスパ面では、お水を店で購入していた時は毎月2千円ほどかかっていて、

例えば10年間お水を買っていたとしたら…

2000円×10年=240.000円

クローレの蛇口を購入し「高除去+にごり除去タイプ」のカートリッジを4か月ごとに交換した場合…

クローレ本体(定価:41800円/税込)+カートリッジ(141,840円/10年分)=183,640

その差はなんと5万円!!

蛇口はかんたんに壊れるものでもないので、10年以上使える可能性の方が高いです。

長く使った分節約にもなりますよー☆

ぜひ、購入の参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました