仕事のこと

正社員という肩書にこだわる必要はあるのか|副業のメリット・デメリット

みなさん、こんちは!おはる(@Haru8823oharu)です。

正社員として働きながら副業をしていると、双方のメリット・デメリットが見えてきます。

わたし自身副業Webライターを始めて半年ほど経ちましたが、このまま正社員を続けるのか、副業をメインとして仕事ができるよう努力をしていくか模索しています。

そこで、私が正社員として会社員をしながら副業を半年してみて感じたことをまとめてみました。

あくまでもわたし自身のことなので、こんな人もいるんだなぁくらいでお付き合いください。

会社員を続けるメリット・デメリット

わたしは契約社員として2011年に入社しました。入社後1年ほど経ち、役職が上がったタイミングで妊娠をし、1年半ほどの育児休暇を取得後、職場に復帰しました。

育児休暇の復帰から早5年。2018年に労働契約法の改定があり、同じ会社で7年働いていたわたしは無期雇用転換の対象となり正社員扱いになりました。

じつはわたし、正社員って憧れてました。

短大を卒業後、正社員として一般企業に勤めるも、典型的なブラック企業に入社してしまい3か月で退職。そこから派遣をしてみたり、契約社員でずっと働いてきました。

友人たちは正社員として年々収入を上げていく中、自分はフラフラした人生を歩んでいるようで、正社員で働けたらいいのになと漠然と考えるだけで特に行動には移さない日々。

しかし、今勤務している会社は、正社員と契約社員で大きな差はなく、福利厚生も同条件。違いは時給制であるか月給制の違いであるかだけでした。

なので、別に正社員じゃなくてもいいか~と考えていたんです。

ただ、子どもを産むとどうしても暦通りの休日が必要です。わたしの会社は年中無休なので、時給制契約社員だと土日祝を含めた営業日でシフトを組まなければなりません。

そのため年末年始や大型連休には有休を充てなければならなかったり、日数の少ない2月は給与が少なくなるといったデメリットもありました。

その点、正社員は暦通りの休みがもらえて給料も変わらないので、無期雇用転換をして良かったなと感じています。

正社員(会社員)であることのメリット

やっぱり安定した仕事があるって大切だなと思っています。よほどのことがない限り、突然仕事を失うということもありません。

今は子どもを一人で育てているので、わたしが一家の大黒柱としてしっかりしなきゃという思いが強いです。

社会保険や年金も給料から差し引かれますし、有休もあります。

おはる
おはる
メリットをまとめてみたよ

・暦通りの休みがもらえる

・福利厚生が充実している

・出勤日数が少ない月でも給料は一緒

・交通費が支給される

・よほどのことがない限り解雇されない

・仕事量が多いので、やりがいがある

正社員(会社員)であることのデメリット

正社員であるからと言って、メリットばかりではありません。

人間関係の構築であったり、会社の方針が変わればそれに合わせて柔軟に対応できる臨機応変さも求められます。

また、育児中だと、子どもの体調不良によって欠勤しなくてはいけない場合もあり、周りに迷惑をかけてしまうという後ろめたさもありますよね。

おはる
おはる
デメリットっていうか愚痴になっちゃう

・与えられた仕事をこなす日々

・育児中で迷惑をかけてしまう後ろめたさ(子育て中は残業もできないことが多いので、仕事を残して帰ることも…)

・通勤時間が必要

・評価は上司の匙加減

副業をしてみて感じるメリット・デメリット

わたしが副業に挑戦しようと思ったきっかけは、無期雇用転換になり年間休日が増えたことです。

子どもと過ごすいい機会でもありますが、離婚にかかった弁護士費用の返済もしたかったので、休日にだらだらしている時間をもったいなく感じていました。

子どもが成長し、一人で寝れるようになったことや、一人遊びが上手になったタイミングでもありました。

副業を始めるまでは、スーパーでちょっとしたお菓子も我慢させてしまったり、お出かけの時に欲しいものを買ってあげる余裕なんてなかったので、副業を始めてよかったなと思っています。

副業のメリット

今までずっと同じ会社で同じような業務ばかりしていたわたしは、新しい仕事ができて新鮮な気持ちで副業を始めることができました。

長く務めると、部下に教える立場になり、人から教わるってあんまりないんですよね。

新人の時のような気持ちで、人に教わるありがたさと、忘れかけていた謙虚さは大切だなと感じています。

おはる
おはる
メリットあるよ~

・だらだらしていた時間がお金に変わる

・新しいことに挑戦できる

・会社員に嫌になっても別の道があると希望を持てる

・自分の得意なことを活かせる

・時間のやりくりが上手になった

副業のデメリット

ただ、正直、会社員と副業と育児、家事の両立はしんどいと感じる時もあります。

たくさんのことに追われ、家事がないがしろになってしまったり、勤務先の繁忙時期には副業の納期が遅れてしまったりと、結局何をやっても中途半端だったんじゃ…と自己嫌悪に陥る時もあるんですよね。

そして、まだ副業だけで生活していくというところまでは成長できていません。

副業を本業にしていくことができるのかについても模索中です。

おはる
おはる
悩みって尽きない~

・ずっと継続してお仕事がもらえるとは限らない

・仕事は自分で探しに行く

・週末を副業に充てるため自分の時間は少ない

・稼げるかどうかは全て自分の努力次第

正社員で安定を保ちつつ副業お小遣い稼ぎ

半年間、副業を続けてみて感じるメリット・デメリットについてまとめてみました。

総合的に考えて、正社員として福利厚生などの安定を保ちつつ、副業でお小遣い稼ぎをするのは私には合っていると感じています。

子どもがいる以上、会社に充てられる勤務時間は限られており、本業での在宅でできる仕事はありません。私には弁護士費用を返済しなければならないので、収入を増やすためにできることとしては在宅でできる副業のみでした。

弁護士費用返済後に、副業を続けるかどうかはわかりませんが、Webライターという仕事に楽しさを感じているので、無理のない範囲で続けていくような気がします。

ぜひ、副業を考えている方は、まずは軽い気持ちで副業にチャレンジしてみてくださいね。

\ 副業するならクラウドワークスがおすすめです!公式サイトをチェック /

クラウドワークス